購入する前に知っておくと便利な中古のトラックの相場とは

いい中古トラックを見つけるためには、まずよい販売店を見つける必要があります。試乗は受け付けているか、トラック専門の知識や技術を持った整備士が常駐しているか、保証の内容はどうなっているか等、確認すべきことが多くあります。自分で足を運んで確認することができればベストですが、販売店が遠方の場合は難しいでしょう。ネット等を使用してそういった点を確認していくことも多いでしょう。ネットで販売店を調べる場合に注目すべきポイントとして、まず会社規模が挙げられます。個人経営の小規模な販売店では、修理や整備が行き届かないかもしれません。やはりある程度の規模を持っていなければ、営業や整備に手が回りきらないと考えられます。次に販売台数と年間取引台数をチェックします。扱っている数は多くても、実際に販売した数が少ないならば何か問題があると考えられます。そして当然、顧客満足度もチェックしましょう。

いい中古トラックを見分けるポイントとは

中古だからこそ、試乗は必ず行いましょう。試乗を認められない場合は、その販売店自体を外しましょう。もちろん何らかの事情がある可能性もありますが、一般の乗用車よりも購入価格も修理費用も高額なトラックです。試乗を認められないのは何か試乗されては困るポイントがあるからと考えておいたほうが無難かと思います。試乗の際に確認すべきポイントは、エンジンスタート・ギアチェンジ・クラッチ操作がスムーズに行えるか、ブレーキの効きに問題はないか、走行時に異音が発生しないか等が挙げられます。要するに、安全かつスムーズな運転が行えるか、ということです。購入後にもしトラブルが発生したら、高額な修理費用が発生する可能性があるのみならず、生命の危険まで考えなければなりません。くれぐれも妥協などせず、慎重に判断しましょう。

中古トラック購入時の相場について

実は、中古トラックの販売価格については明確な相場というものは存在しません。一般的な乗用車に比べて需要自体が少なく、価格設定も販売店によってばらつきがあるためです。したがって、自らデータをそろえて相場を調べる必要があります。まず、特定の車種を決定します。それはデータを多くそろえられる、どこの販売店でも扱っているような人気車種でも構いませんが、どちらかと言えば自分が購入しようとしている車種を選んだほうがよいかと思います。その車種の販売価格を複数の店舗で調査し、また販売価格のみならず中古での買取価格やオークションでの落札価格等、複数の店舗・複数の視点での価格を調査することで、おおよその価格の幅というものが見えてきます。また、その価格の幅に対して極端に偏った価格設定をしている場合、その販売店もしくは車種自体に問題があるかもしれない、という判断もできます。