トラックを中古販売店で購入する方法とは

中古トラックの魅力は何と言っても安いこと。反面、整備や管理がしっかりされているかどうかという不安も付きものです。ここでは中古販売店でトラックを購入する際の注意点と購入時の手続きについて簡単に解説します。まずは購入の際にチェックしておきたいポイントについて。気になるのはやはり走行距離ではないでしょう。中古車は走行距離が少ないほど良いというイメージがありますが、それは必ずしも正しくありません。トラックは30万キロから40万キロは平気で走るタフな車です。定期メンテナンスをきちんと行っていれば100万キロ以上走行する車両もあります。走行距離だけでなく、点検・整備の記録である定期点検整備記録簿をチェックしておきましょう。合わせて確認しておきたいのが年式と型番です。これはリコールなどのトラブルがないかを知っておくためにも必要な作業です。走行距離が少なく、新しい車は良い車というわけではないのです。

是非とも試乗してから買いたい中古トラック

気になる中古トラックが見付かったら是非とも試乗してみたいところです。乗ってみて初めて分かることはたくさんあります。エンジンを掛けた際、音や振動が必要以上に気にならないか、また妙な音はしないか、などということは特に気を付けて見ておきたい部分です。店舗によっては試乗不可の場合もあるかと思いますが、その場合でも試乗出来ない理由をはっきりと説明してくれる業者を選びましょう。車検が切れていたり、保険に入っていなかったりということならば納得出来ます。理由も言わずに断られる場合は要注意です。逆に、店舗は試乗を歓迎しているけれど足を運べないという場合。こんな時は電話などで気になる点をあらかじめ質問してみましょう。業者によっては遠方の顧客向けに写真や動画で詳細な情報を提供してくれる場合もあります。

必要なものの納期は中古トラックの購入方法

最後に中古トラックの購入方法について説明します。まず必要になるのが名義変更です。契約時に実印と印鑑証明書を用意しておくと手続きがスムーズになります。次に車庫証明を取得します。車両の保管場所がどこかということを警察署に提出し、証明書を発行して貰わなくてはなりません。確認が済むと車庫証明書と車庫シールが交付されますので、それを持って販売店へ向かいましょう。購入者側の手続きはこれで完了です。気になる納期ですが、購入するトラックに車検が残っていた場合は数日以内の納車も可能です。車検が切れている車両は安全確認の点検が必要になりますので、数日から一週間程度を要します。急ぎの場合であっても納車前の整備点検はきちんとしておくべきでしょう。どうしてもすぐに必要だ、という場合は、現状渡しが可能な整備済み車両を選んで購入する方法があります。いずれにせよ、近日中に点検を受けることをお薦めします。