中古販売店でトラックを購入する魅力について分かりやすく解説

車は軽自動車でも、普通車でも高いものですが、一般的な普通車よりもトラックは段違いに高額になることが多いです。これは大きさの問題だけではなく、エンジンや運転装置の違いによるものです。トラックは普通自動車が大きくなったものではないのです。そしてトラックと一口で言っても、様々なものが存在します。まずサイズの違いがあります。小型、中型、大型とあり、小型は2~3t、中型は4t、大型は10tとなっています。当然エンジンからトラックの全長、全高など大きさが全く違ってきます。また形状によっても分類されます。トラックといえば、アルミバンやコンテナ専用車、平ボディ別名アルミブロックなどを思い浮かべがちですが、高所作業車やクレーンなどの工事などに使う作業者やタンク車、冷蔵冷凍車など運ぶものを限定するものも存在します。

中古のトラックを買う利点は、コスト面が大きい

トラックを中古で購入する利点は安く購入できることだと思います。では安いことの何が良いのかと言えば、新車で組んでいた予算のトラックよりもグレードの高いものが手に入ることもありますし、同じ車両を数台購入することもできます。またトラックの種類は多く、また特殊なものが多いわけですから、すでに整備されたトラックを安く手に入れることができれば、架装の手間やお金を節約することもできます。そして中古という事は、すでに多少のキズがついているわけですから、さらに傷が増えても、走行に支障がなければ気にならずにすみます。トラックの運転は非常に技術が必要になるものが多く、小さなトラブルでも大きな傷になることがあります。もちろん被害者がいてはいけませんが、単独で少し傷がつくだけなら、大きな問題にはなりません。

中古トラックのメリットはコスト面だけではない

中古トラックは、新車と比べて納車期間が早いことも特徴です。また値が落ちることが少ないこと、規制導入前のトラクターが手に入ることもメリットです。そして自動車所得税が安くすみます。普通車でもいわれることですが、誰かが乗りつくした車は大丈夫なのかと不安になると思います。しかし普通車以上にトラックは丈夫に作られています。また部品の取り換えがしやすく出来ており、修理もしやすく、きちんと整備されていれば20年以上、100万㎞以上でも乗っていられます。トラブルに遭う車に対する警戒はもちろん必要ですが、そうではなく正規のルートで正しく整備されているものであれば、大きな損は無いわけです。いつ作られたものか、何キロ走行していたのかというのは必ず表示されています。何を購入する時もそうですが、信頼できるお店であることは、できれば顔を合わせて確認できると良いと思います。

モバイルサイトもあるので、外出先からも最新情報をゲットできます! 様々な条件で全国の中古車を検索できますので、あなたの車選びを全力でサポート致します。 ご不要の中古トラック、建設機械などを高く買取致します。お気軽にご相談ください。 上野自動車は、全店300台以上の在庫を取り揃えるトラック専門店です。 全てのお客様にご満足いただける会社を目指し、社員一丸となって邁進してまいります。 中古でトラック購入をご検討ならご相談ください